白内障予防には抗酸化の取り組み

積極的に抗酸化成分を摂取する

白内障の原因として、紫外線以外には、ざっくりと酸化ストレスなんて言われていますが、加齢による白内障もある主の酸化ストレスによるものです。

細胞の抗酸化力が落ちた事で活性酸素の攻撃を防げなくなり酸化し細胞が老化すると、本来の状態を保てなくなるので、柔軟性を失い硬くなったり、水分保持できくなくなったり、透明性を失ったりします。

その数が増えると、不純物が含まれている状態となり光の乱反射を起こし、さらに数が増えると、光自体が透過できなくなり視力に障害を起こすことにもなります。

では、この酸化ストレスの害を防ぎ白内障を予防するには、どうしたら良いのかという事になりますが、これは、一般的な抗酸化対策が白内障の予防にもそのまま有効となるそうです。

つまり、アンチエイジングへの取り組みが白内障の予防にも繋がります。

確かに、白内障の原因として加齢が主に占めるとなれば、その対策は、抗加齢、つまり、アンチエイジングとなるのもうなずけます。

具体的な成分名を挙げるとすれば、ルテインのように加齢黄斑変性症の予防にも有効とされる成分は、同時に、水晶体にも入り込み抗酸化作用をもたらしてくれると言われているので、ルテインのサプリを用いるのも一つの方法かもしれません。

また、酸化ストレスとして、喫煙や汚染された空気も白内障の原因と言われていますが、これらによってビタミンCが消費されやすいという事なので、失われたビタミンCをサプリで毎日補うというのも今すぐできる対策です。

ビタミンC自体は、水溶性で使われなかった分は、尿として排出されるので多めに摂取しても問題無いですが、体における抗酸化用途は幅広いので積極的に摂取して良い成分だと思います。

白内障予防には抗酸化成分が必要

体内の抗酸化力が落ちると、体内で発生した活性酸素や老廃物の影響を受けて、細胞が老化しやすくなります。特に眼球というのは、光の反射で物を見るという関係上、紫外線がどうしても目の中に入って来てしまいます。

紫外線は、細胞に対してダメージを与える光の波長なので、それが原因で白内障、または、日本人の間でも増えて来ている加齢黄斑変性症などの要因の一つと考えられています。

そして、こうした光によるダメージを防ぐ為には、抗酸化成分が必要不可欠。体内に十分な抗酸化力があれば、それが細胞を守り病変するのを防いでくれます。

なので、体内で発生した活性酸素や老廃物による影響、または紫外線などの光によるダメージを防ぐ為にも、抗酸化力の高い成分を体内に取り込んでおくことが、白内障の予防などに繋がっていくのではないでしょうか。

抗酸化成分の中でも、目との関係の有る成分は、ルテインやゼアキサンチン、他にも、アントシアニンやビタミンEも間接的に目の健康に関わりを持っています。

紫外線によるダメージを防ぐ上で必要なルテインやゼアキサンチンを始め、血管内送りにしてくれるアントシアニンやビタミンEなどを摂取して体内環境を改善することが、結果的に、白内障を始めとする目の健康を守る上で必要な事ではないでしょうか。

コンテンツ