CAN-Cはペットの白内障にも使用可能

ペットにも使用可能な白内障目薬

CAN-C(Nアセテルカルノシン)は、犬の白内障予防や治療にも使用できます。

白内障の有効成分であるNアセテルカルノシンは、ロシアにおける臨床実験の結果、犬に使用しても安全であることが確認されています。

CAN-Cの正規代理店であるドクターズチョイス公式サイトでは、「一週間の使用で白内障に改善が見られました。」・「目全体を覆っていた白内障が、だんだんに薄くなっていきました。」・「3か月くらいで目の濁りがきれいになり、驚いています。」など実際に使用された飼い主さんの投稿が掲載されていました。

ワンちゃんへの使用方法

最初の3ヶ月間は、両目に各1滴ずつ、1日朝、晩の2回点眼
・・・改善の兆候が現れた場合は、1日1回の点眼で再発防止に努める

使用上の注意点として、薬液の汚染を防ぐため、点眼の際にボトルの先端が眼球に触れたり、手で触ってしまわないよう注意しなければなりません。

また、同じものを飼い主さんとペットでの併用は禁忌です。

使用の目安

ワンちゃんへ使用する場合、最初は、3ヶ月を一つの区切りとします。

1日2回、継続して点眼するように心がければ、改善が期待されるそうです。ただし、年齢的な問題や症状の進行具合などでは、症状が改善しない場合があることも理解しておかなくてはなりません。

全く変化が現れない場合、CAN-Cが本物であるか確認する必要があるかもしれません。偽造品や粗悪品購入リスクを防ぐためには、正規代理店経由で入手するのが妥当な選択です。

ペットに白内障の兆候が現れたら、できる限り早くCAN-Cを使用してみるに越したことはありません。

手術は平均5歳程度で両眼だと50万円以上

犬も白内障手術を受ける事ができます。

手術を受けている犬の平均年齢は5歳程度です。手術費用は、検査なども含めると両眼で50万円以上になると言われています。

年齢や手術費用など、いくら飼い主がペットの白内障を手術してあげたくても、難しいケースも有ることがわかります。

また、ヒトの場合、年齢が高くなるにつれて白内障の発症リスクが高くなりますが、犬の場合は、年齢に加えて犬種による白内障のリスクも異なるそうです。

ペットは検査と手術費用が大きな出費

犬の白内障を手術で治そうとした場合、最初の精密検査だけで7万円もの費用となってしまうことがあります。

加えて、白内障手術の代金は、片目でおよそ25万円です。

更に、術後2週間程度は、日に5回程度、数種類の点眼薬の投与を続ける必要があります。

手術成功率自体は、およそ9割と高い確率で白内障が治療できるので、どうしてもという場合は手術が妥当な手段と考えられます。

しかし、多額の治療費を払わなければいけないのであれば、まずは、何十分の一の費用で済むCAN-Cを使用みる方が妥当な判断ではないでしょうか。

改善が見られないケースでも、進行を遅らせることが出来れば、手術に向けて準備する時間が確保できますが、症状により判断を急がないとならない場合もあると思います。過度の期待は禁物です。

コンテンツ