正規品を確認する場合の注意点

証明シールと正規ルートで選ぶと安心

CAN-Cの正規品を確認するポイントは、以下の通りです。

  • ホログラムシールが貼られている
  • 正規品取扱店の照明がしっかりなされている
  • 個別のナンバー、製造年月、消費期限が記載されている

CAN-Cは、白内障の予防、改善の期待から需要が高まり取り扱う店舗が増えてきています。

安価に売られているCAN-Cを見つけると注文したくなるものですが、確認しなくてはならないことがいくつかあります。

  • 本当に正規品なのか
  • 製造年月日の新しいものが届くか
  • 返品対応がきちんとしているか

そこまで心配する必要は無いとしても、偽造品のリスクや保管状態の良いものではない可能性もゼロとは言えません。

正規取扱店経由ならではの保証

リスクを遠ざけるためにも、正規品取扱店を把握しておいて損はありません。

その点、CAN-Cの正規代理店「ビューティー&ヘルスリサーチ社」は、開発者であるマーク・バビザエフ博士と直接交渉をし、正規品取り扱いを許諾されています。

現在では、さらなる交渉の末、プライベートブランド化し「Nアセテルカルノシン点眼液」として販売されています。

Nアセテルカルノシンは、ドクターズチョイス直営店のみで販売されているため、偽造品、粗悪品のリスクも回避でき、返品交換などの対応も万全です。

他店舗でCAN-Cを購入する場合は、パッケージ自体のプリントとは別に直接印字できるスペースが確保されています。もしも、他の部分と同じプリントになっているなら、正規品であるか確認する必要があります。

もしも、このシールが無い場合、もしくは、明らかに貼り直したと思われる形跡がある場合は、偽造品であるリスクを残すことになります。

また、注文画面には、正規品のCAN-Cの画像が使用されているものの、実際に届いたのは、まったく別のパッケージだったこともあるようです。

これらのリスクを踏まえくれぐれも慎重にご判断下さい。

コンテンツ