生活習慣を見直して酸化ストレスを減らす

マイナス要素を取り除く

CAN-Cの期待値を上げるためには、マイナス要素となる生活の改善も行わなければなりません。

  • (たばこの)喫煙習慣
  • 汚染された空気環境にとどまること
  • 日差し(紫外線)への対策不足
  • 高い熱源近くでの作業など
  • 食生活の見直し

これら、マイナス要素を取り除くことなくCAN-Cを1~2ヶ月程度の短期間使用して、「効果が無かった」と判断されるケースもあるようです。

また、最近では、糖質の過剰摂取により活性酸素が発生しやすくなることもわかっています。

それぞれの原因について

白内障の原因となる生活習慣の中で影響が大きいのは、たばこの喫煙と言われています。

たばこを吸うと、体内では、活性酸素が発生しビタミンCが消費され抗酸化力が落ちます。喫煙を繰り返すことで、活性酸素にさらされることが増えるため、白内障になりやすくなると言われています。

同じように、工場などから出る有害性のある煙、トラックやバス、現場の重機の排気ガスなどを吸うことが多いと、たばこと同じようにビタミンCの消費を早め、白内障のリスクを高めるとされています。

紫外線による影響も大きなものとなります。

対策として、UVカット率の高いサングラス、直接光を遮断するつば付きの帽子などの活用もすべきと言えます。

コンクリートやアスファルトが増えて木々が減っていることで、地表に降り注ぐ紫外線の影響も受けやすい環境になっていることにも注意しなくてはなりません。

熱による影響が関係している場合は、ゆで卵と同じ原理です。高温にさらされることで、水晶体のタンパク質が変性し凝固する事で透明度を失ってしまう為、加齢性の白内障とは違い、急性の場合もあるようです。

職業では、ガラス職人のように常に高温の炉の近くに居る場合に、白内障となることもあると言われています。

原因に心当たりがある場合、CAN-Cを使用するだけでなく原因を取り除く努力が必要です。

更に、ビタミンCをはじめ、ルテインやアントシアニンなど、抗酸化力が高く、眼の保護に良いと言われる成分の摂取を習慣化すれば、マイナスを減らしプラス要素を増やすことが可能です。

紫外線対策はやって損なし

紫外線は、可視光線より波長が短いことでエネルギーが強く、網膜や水晶体にダメージを与えてしまいます。

ダメージが一定以上になると、活性酸素の害に対処しきれなくなり細胞が病変しやすくなります。これが水晶体に起こると白内障を発症するのです。

紫外線だけでなく、体内で発生する活性酸素の影響などもあります、いずれも、加齢によって保護する働きが弱くなり対処しきれなくなった結果です。

コンテンツ