白内障予防に有効なルテインを摂取する

ルテインは水晶体や網膜(黄斑)を保護する成分

目の健康維持を栄養補給を考えているなら、検討すべきはルテインの摂取です。

ルテインは、目の網膜(黄斑)や水晶体に分布する成分で強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

白内障の原因は、活性酸素の発生によるダメージの蓄積です。

ルテインは、紫外線によって発生する活性酸素から細胞を保護し、網膜(黄斑)や水晶体を守る働きがあります。

有害な光には、紫外線の他にも、スマホやパソコン、ゲーム機器のモニターから出ているブルーライトもあります。

スマホ主体の生活になり一日何時間も見てしまいまうことがありますが、光によるダメージを知らず知らずの内に水晶体や網膜に蓄積し、視力の低下や眼病の一要因となり得ます。

ルテインを白内障予防に活用する目安

ルテインが白内障や黄斑変性症を改善する上で重要な成分であることは、周知の情報となっています。

白内障予防には1日5mg以上、加齢黄斑変性症予防には1日6mg以上で、発症リスクを抑えることが出来るという情報もあります。

ルテインの摂取は、ほうれん草やケールのような葉物野菜からでも行えます。ただし、毎日安定した量を継続して摂取するためには、食品よりもサプリメントの方が安定摂取が可能です。

含有量の高いサプリメントを選ぶなら、ドクターズチョイスのルテインサプリメントがおすすめです。

原料には、ハーブの一つであるマリーゴールドから特許製法により抽出したルテインが使用されています。成分含有量は業界トップレベルで、ルテインとともに働く抗酸化成分ゼアキサンチンも2mg配合されています。

目の健康維持全般に有効

ルテインは、植物に含まれる色素成分(カロテノイド)で目の健康維持に役立つ成分として注目されています。

特に、加齢黄斑変性症のように黄班に関わる病気を予防に直結する成分として注目されるようになってきました。

他にも、白内障や緑内障にも有効性が示されています。

ルテインを始めとするカロテノイドは、植物に多く含まれている成分で紫外線などの有害光から細胞を守る働きがあります。目の中では、視力の中心である黄班や中心窩に含まれていることからもわかります。

眼は、物を見る為に光を取り込まなくてはいけないため、有害光も取り込んでしまいます。ルテイン、または、代謝物であるゼアキサンチンがあることで、紫外線の影響で発生した活性酸素を無害な状態にすることができます。

ルテインの抗酸化作用は、水晶体の保護にも有効とわかっています。

加齢による水晶体の白濁化予防だけでなく、緑内障予防にも良い働きがあると言われています。

体内と同じルテインが望ましい

ルテインをサプリメントで摂取する場合の注意点があります。

人間の目の中に存在するルテインの形があるため、その状態で摂取出来るサプリメントが望ましいそうです。

体と同じルテインは、特許製法(フローラグロー)により作られています。これは、天然のマリーゴールドから抽出されたルテインを結晶化する製法です。

品質を意識して体に吸収されやすいものを選ぶなら、フローラグロー製法のルテインサプリメントが最適です。

コンテンツ