白内障の種類

主な白内障とそれぞれの特徴

老人性白内障(加齢白内障)
白内障患者全体の7割以上を占めます。初期段階では、特に症状はありませんが、進行するに連れて、目がかすむ、ぼやける、光がまぶしい、ものが二重に見えるなどの症状が現れてきます。

先天性白内障
まだ胎児の頃に、母体内でウイルスに感染したり、代謝の疾患を抱えていたり、または、他の眼の病気に伴って発症する白内障のことを指します。

先天性白内障の治療方法としては、正常な視機能へと導く為に、赤ちゃんの頃から光刺激を眼球内に入れて、視力の発達を促すように使用する必要があります。その為にも手術が必要となります。

外傷性白内障
年齢性別問わず、眼球に強い外傷を受けてしまった時に発症する白内障です。外傷を受ける眼球の組織は、水晶体周辺の組織にも及ぶことがあり、水晶体亜脱臼を起こしたり、急速に過熟白内障になったりすることも多くあります。

その為、外傷の度合いによっては、様々な状況へと臨機応変に対応して手術しなければいけない場合もあります。

後発白内障
白内障の手術が終わっているのに、再び同じような症状が現れることがあります。術後数ヶ月から1年以上経った頃、手術直後に比べてかすんで見えるようになってくることがあるのですが、これは、水晶体を形成する膜が白色に混濁してきたことが関係しています。

場合によっては、それで、視界が遮られて再び見えにくくなってしまう状況に陥ることがあるのです。

真性糖尿病白内障

長期に及ぶ高血糖が原因で発症する事のある白内障です。進行が早いだけでなく、30代、40代など、まだ老人性白内障を患う年齢じゃない若年者でも高血糖が続く事で発症する事がある為、年齢問わす注意しなくてはなりません。

仮性糖尿病白内障
老人性白内障を既に患っている場合に糖尿病で白内障が進行する場合にこう呼ばれます。

40代から増え始める

年齢別の白内障発症率を見てみると、40歳代から白内障が現れ始めその段階では15%程度ですが、50歳代になると一気に急増し、発症率が60%を超えるようになるそうです。

その後、60歳代、70歳代、そして、80歳代で段階的に増えていき、最終的にはほぼ100%に近い割合で白内障を発症するそうです。

白内障と言っても、全く見えなくなり失明と呼ばれるレベルのものから、何らかの白内障が確認された程度のものも含まれると思いますが、それでも年齢とともにこれだけ多くの人が白内障を罹患する事がわかります。

全く自覚症状が無いなら、どうにも他人事のような感じがしてしまいがちですが、将来的に白内障にかかるリスクを踏まえると、今の力何かしら対策ができないのか考えておくのも必要な事かもしれません。

世界的に見て日本はまだ少ない方

日本国内での白内障をによる失明率は、3%程度とそれほど高くありません。しかし世界的に見ると、他の眼病と比べた場合に、白内障だが失明率がトップとなっているそうです。

それだけ日本は医療制度や設備が整っている事で白内障による失明率を抑えることができています。しかし発展途上国ではそのように行きません。

その原因として、貧困の為眼科にかかるお金が無い。もしくは眼科自体が存在しない地域に住んでいるなど、発展途上国の抱える問題が白内障による失明率にそのまま結びついているようです。

また、2015年12月のAFP通信の情報によると、インド北部ハリヤナ州アンバーラで慈善団体により集団での白内障手術が行われたようですが、その手術の不手際により、少なくとも15人の白内障患者が失明したと報じられています。

その原因として地元当局では、病院スタッフが適切な消毒をしなかったことが関係していると説明しているようですが、海外ではこうしたことから失明に至るリスクもあるようです。

コンテンツ